【終了しました】プラットフォーム公開セミナー「デジタルプラットフォームと競争:独禁法・透明化法上の諸課題」

2022年2月4日 

デジタルプラットフォームは、今までになかった便利なサービスやビジネスを生み出して、消費者の生活を豊かにしていますが、同時に、有力な少数のプラットフォームが市場で強い地位を占めるという集中・寡占化の進行も問題になっています。また、このようなプラットフォームがフェアではない取引条件を設定したり、ライバル会社を不利にするような行為をしたりすることが問題になっています。このような問題への対応は、基本的には、独占禁止法とこれを執行する公正取引委員会によって行われますが、加えて、2021年2月1日に施行され経済産業省が所管するデジタルプラットフォーム取引透明化法にも透明性・公平性を確保する役割が期待されています。
本セミナーでは、これらの法律がどのように運用されているかをみた上で、欧州・ドイツにおける立法・法運用の動向からもヒントを得ながら、日本の現状・課題について検討を行っていきます。独占禁止法の専門的な知識の有無にかかわらず是非、ご参加ください。

■プラットフォーム公開セミナー「デジタルプラットフォームと競争:独禁法・透明化法上の諸課題」
■日 時:2022年2月4日(金) 15:00~17:00
■場 所:オンライン開催
■参加費:無料
■主 催:神戸大学科研「プラットフォームとイノベーションをめぐる新たな競争政策の構築」
■共 催:香川大学四国グローバルリーガルセンター
     公正取引委員会競争政策研究センター(CPRC)
■セミナーお問い合わせ:神戸大学イノベーション科研
             E-mail: infoi@people.kobe-u.ac.jp